新城の秘境「乳岩峡」のビックリするほどきれいな川で遊んできた!

どうも。のらりなです。

暑い夏の日と言えば、「海遊び」「川遊び」となりますが、海は塩辛いのでどうも苦手です。

川遊びが好きなので先日家族で川遊びをしてきました。

場所は愛知県新城市にある、「乳岩峡(ちいわきょう)」です。

、乳岩峡へは初めて行ったのですが、結論から言いますと、めちゃくちゃ綺麗な水質で感動しました!

こんな場所がまだ残っているなんてといった感じです。是非皆さんも遊びに一度訪れて欲しいということで、今回は「乳岩峡」のご紹介です。

スポンサーリンク

乳岩峡はこんなところ

アクセスは「新東名」高速の新城ICから車で18km(27分)、「東名」高速の豊川ICからだと車で36km(35分)となっています。
私の住んでいる豊橋からだと、下道で約90分ほどで行けます。

豊橋から行くと国道151号から県道424号に入る形になるのですが、道幅が狭い!対向車が来ないことを祈りながら先へ進みます。

細い山道を進んでいくと見えてきました乳岩峡!

駐車場は一応ありますが、決して広くない道に沿った形の斜め止めのところなので、詰めて止める形になります。無料です。

私たちが行った時は日曜日、夏休みということもあり、ほぼ満車でした。

車を降り先へ進むと、入り口にはトイレが。ここから先はトイレ無いので、お子様連れの場合は用を済ませておきましょう。

今回は川遊びが目的ということで、子供たちには事前に水着を着てこさせました。大人は車中かこのトイレで着替えても良いでしょう。
乳岩峡入口

写真手前の木彫りの鳥は、「コノハズク」と思われます。乳岩峡がある鳳来町の県鳥です。別名「ブッポウソウ(仏法僧)」です。
入るとすぐに川が見えてきます。

遠目からでも透き通るような水質なのが分かります。

ちなみに、足場は苔の生えた岩場なので、出来るだけ運動靴や登山用靴をおススメします。小さいお子様の手は引いてあげましょう。
もう少し進むと、降りられそうな川があります。多くのお子様連れが遊んでいました。

飛び込みが楽しめます


どうですか!この水質!今すぐにでも入りたくなりませんか?

上の写真の場所は水深が約2mほどあり、手前の岩から飛び込みを楽しむことが出来ます。

飛び込みをやっていたのはほとんどが子供で大人でやっている人はあまりいませんでしたが、ここまで来てやらないのも損なので、私も何度も飛び込みました。

飛び込む場所を間違えなければ、大人でも足が岩にぶつかったりすることもありません。

スポンサーリンク

神秘的な景色

ここより少し進むと、更に秘境っぽくなっていました。神秘的ですらあります。

子供たちがここより先へ行きたがらなかったので行きませんでしたが、登山道のようになっており、乳岩峡という名前の由来になった岩(乳の形のように膨らんでいる岩)を見ることが出来るそうです。

メニュー豊富な「福寿司」さんへ立ち寄る

2時間ほど川遊びを楽しみ岐路へ。
途中「福寿司」さんというお店で昼ご飯を食べました。

写真はありませんが、このお店のメニューの数の多さにビックリ!定食屋からうどん・ラーメンといった単品まで、50種類くらいはありました。店内もキレイで、また来たいと思うお店です。

乳岩峡

福寿司

お金をかけずに遊べます

乳岩峡で遊ぶだけならお金はかかりません。
なので「少しでも節約したい」という方にはおススメできる場所です。

もちろんお金をかけて遊ぶ遊園地やプールも楽しいです。私の家庭も家族でのレジャーにはなるべくお金をケチらないようにしています。

あわせて読みたい

家計が苦しくても、子供とのレジャーにお金を使いたい夏

でも、このように「お金をかけなくてもに遊べるんだよ」ということを教えてあげるのも親の役目かと思います。

自然の中だと子供たちイキイキしていますよ。ほんと。ぜひ皆さんも一度行ってみて下さい。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする