1,000円カット どんな店員さんにあたると出来上がりが悪くなるのか?

どうも。のらりなです。

私は髪を切るのに、1,000円で切ることが出来る、いわゆる「1,000円カット」を利用しているのですが、あれって、切る店員さんによって出来栄えにかなりの差が発生することに気付きました。

そして、どんな店員さんの場合だと出来栄えが良くないのかも見えてきました。

どんな店員さんだと出来栄えが悪くなるのか?

スポンサーリンク

そもそも「1,000円カット」とは?

その名の通り1,000円を払えば髪を切ってもらえる理容院・美容院のことです。

普通の美容院や理容院って、カットだけでも3,000円以上するのが普通ですよね。それが1,000円で済んじゃうんです。お得ですよね。

そして、1,000円カットは料金が安いという以外にも特徴があります。

それは、一人あたりにかかる時間が短いということです。カットが約10分で終了します。

なので、「髪を切るのにお金も時間もかけたくないヨ」という人にはうってつけのサービスなのです。

ただ、10分なので・・・

1,000円カットではこの10分という時間が設定されていることで、通常の理容院・美容院では行われているサービスが行われません。

それは、カット後のシャンプーや髭剃りやスタイリングといったもの。

また、カット終了後の切り直しもしてくれません。

そして、基本的には、カットを担当する店員さんを指名することも出来ません。空いている人が切るって感じです。

いかに数をこなすかが勝負になってくる

要は、人数をどれだけこなせたか、いかに客の回転を良くするかが、1,000円カットで売り上げを伸ばすキモになってくるわけです。店側としては。

出来るだけ沢山の客をこなす為に、この10分という時間が目安として設定されているのです。

なので、出来上がり、カットの質にはあまりこだわってはくれません。そこは、店員さんにより個人差・能力差が発生するのです。

スポンサーリンク

どんな店員さんだと、カットの出来栄えが悪くなる傾向にあるか

前置きが長くなりましたが、どんな店員さんだとカット後の出来が良くないのかをみていきます。まずはこんな店員さん。

客にカットの詳細・希望を聞かない店員さん

大まかな要望は聞いてくれるんですけど、あまり詳細まで聞いてこないんですよね。

まあ最初に全て聞かなくてもいいんですよ。途中途中で聞いてくれれば。

でも、最初に聞いただけで、途中からは何も聞いてくれない店員さんもいるんです

そんな店員さんは、フィーリングで切っちゃってます。

私もそんな店員さんにあたる時があるのですが、完全その人のセンスで切るんですよね。なので出来上がりが自分のイメージと全然違う場合があります。

例えばこっちはサイドを普通の刈り上げにしたいのに、出来上がりがなぜかツーブロックになっていたりとか・・・

もう少し要望を聞いて欲しいです。

他の店員との会話が多い店員さん

なんか、喋っちゃってるから集中できてないんでしょうか?こういう店員さんって出来栄えが悪くなるんですよね。会話に気がいっているんでしょうね。

店員同士で喋るのはいいんですけど、客とも会話してほしいです。

でも、喋ることないし人見知りだから、頻繁には喋ってこないで・・(勝手)

切る前に、髪を湿らさない店員さん

これは先日担当してくれた店員さんです。

通常、髪を切る前には霧吹きで髪を湿らせてからカットするんですけど。1,000円カット歴10年の私が切ってもらってきた店員さんは、全てそんなやり方でした。

でも、先日の店員さんは違ったんですよね。最初に髪を湿らせずにバサバサと切っていきます。

その瞬間、「この店員さんは出来ないな・・」と感じました。

いやね、別に私は、髪を湿らせた場合と湿らせない場合のカットの違いについては分かりませんよ。人の紙を切ったことないので。
でも、他の店員さんは必ずやってくていることを省かれると、不安になります。

まあ案の定その不安は的中したわけで、出来上がった私の髪型は、左右のもみあげの長さが異なっていました。1cmほど・・・(涙)

こういうタイプの店員さんは、とにかく早く仕事を終わらせたいと考えているか、手順を覚えていない、又は忘れているのです。

いいけど、余りにも手抜きはやめてっ!と思います。


でも基本的には要望通りに切ってくれます

ここまでディスっておいてなんですが、ほとんどの店員さんが要望通りにカットしてくれます。

1,000円という料金、10分というカット時間を考えると、余り文句は言えないというのも正直なところです。

じゃあこんな記事書くなヨという声が聞こえてくるので、このあたりでやめておきましょう。

ではでは。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする