あなたが会社で気楽に過ごすために有効な方法

どうも。のらりなです。

多くのサラリーマンは、会社勤めが憂鬱と感じています。憂鬱と感じる原因の一つが「多量な業務」。あまりにもやることが多いので、会社へ行くのが嫌になってしましまいます。

ところが、ある方法を行うことで、その悩みを解決出来るのです。そして、その方法は誰もが思い浮かぶような単純なものなのです。

スポンサーリンク



会社で気楽に過ごす方法

あなたの職場にはいませんか?仕事をしない人。仕事を与えられていないおじさん。

私の職場に働かないおじさんがいますよ。周りがその人のフォローしまくってます。
皆が大変な思いをして激務をこなしているのに、その人は毎日大した仕事を抱えずお気楽に過ごしています。上司もその人には何も言いません。過去の功労者だそうで・・・

ってそんなの私たちには関係ないじゃん!過去?知りませんよ!!

今、職場の皆が辛い思いをしているのは、あなたの役割を皆でフォローしているからなんですよ。

あなたの周りにもこのようにフォローされまくっている人はいるでしょう。
自分たちは沢山の仕事を抱えているのに、その人は余裕たっぷり。やってられませんよね。

では、どうやってあなたの悩みを解決するのか?

周囲に仕事を振る

そんな人にはあなたの仕事を振ってみましょう。そうすればあなたの仕事の負担が減り、仕事量が均等に近づきます。

しかし、いざ仕事を振ってみようにもいくつかの課題が発生する場合があります。

・振る人が年上だと頼みにくい

・その人に振ると仕事の出来が遅くなる

・その仕事はその人には出来ない

こんな具合に課題が出てくるでしょう。じゃあどうするのか?

これらの課題を解決する方法を考えればいいんじゃないでしょうか?

みんな仕事が辛いなら、辛いままでに日常を過ごしていませんか?

問題があるならその解決方法を探ればいいんです。

もちろん簡単に解決できないから、仕事で悩む人が多く出てくるんですけど。

PDCAサイクルを使い、問題を解決する

まずは解決する方法をいくつか試してみましょう。その方法でうまくいかなければ、別のアプローチをしてみる。その結果を検証し次の行動プランを考える。また行動する。

よくあるPDCAサイクルです。PDCAサイクルとは、計画を立てて実行し、それを振り返ってもっと上手なやり方を考え、また繰り返すといったサイクルのことです。

これを先ほどの例にあてはめて、解決方法を考えてみましょう。

・振る人の方が年上だと頼みにくい→上司に頼んでもらいましょう

上司に断られたら→もっと上の上司に頼んでもらいましょう。

・その人に振ると仕事の出来が遅くなる→その仕事の進め方自体に問題はないでしょうか?仕 事の進め方を見直してみましょう。

問題が見つからなければ→仕事が進めやすくなるような効率化を考えましょう(例:作業マニュアルの作製・作業改善)

・その仕事はその人には出来ない→誰でも出来るように作業マニュアルを作る、その仕事をこなすことが出来るような人員の補充を上司に依頼する

以上のような方法をとり、上手くいかないならば、更なる解決方法を探します。

スポンサーリンク

上手くいかなくても、抱え込まない

ここで、大切なことがあります。

それは、このような方法が上手くいかないからといって、「やっぱり自分でやるしかない」と全てを抱え込まないことです。

そんなことをしたら、自分で自分の首を絞めるようなものです。自分で解決しようとすると負のスパイラルにはまりこみ可能性があります。その負のスパイラルとは

職場の一部の人の負担が大きい→その人が沢山の仕事を抱えすぎたことで、一つ一つの仕事の精度が落ちる→結果、職場の成績が落ちる→会社の利益が減る→給料が下がる→モチベーションの下がる人が出る、人員が補充出来なくなる、残業代が削られる→仕事が減らないため、また一部の人の負担が増える

といった感じです。

決して自分で抱え込めば済むという考えを持たないことが大切です。

精神的・金銭的に余裕を持つ

上手くいかない場合にあなたが精神的に追い込まれない為に有効な方法はたった一つ。それは、精神的・金銭的な余裕を持つことです。余裕があれば会社に追い込まれることはなくなります。だっていざとなったらその会社を辞めちゃえばいいんですから。

そして余裕を持つ為に有効な方法の一つが副業をやることです。副業でお金を得られれば、会社への依存度が減り精神的金銭的に余裕が出来ます。

心に余裕を持ちましょ。お金に余裕を持ちましょ。その精神状態ならば幾分か会社に行くのが楽になるはずです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする