簡単!! XサーバーでサイトをSSL化する方法

どうも。のらりなです。

突然ですが、私のブログがなんと・・・

めでたく「SSL化」に成功しました!
やったー!ついにやったよ!!

・・ってすいません。はしゃぎすぎました。
てか、はしゃぐような内容じゃないですよね。

今日はパソコン知識に疎い私でも出来た、Xサーバーでのブログ・サイトのSSL化の方法を教えます。

ところで、

「SSL化」って何ですかぁ?(笑)



スポンサーリンク

ブログ・サイトの「SSL化」について

そもそも、SSL化ってなに?

簡単に言うとSSL化とは、サイトを暗号化することです。

最近では多くのサイトがSSL化していますが、もともとは金融機関のようなセキュリティが必要なサイトに使用されていました。

ちなみに、SSL化したサイトのアドレスは、『http』ではなく、『httpsになっています。

SSL化するとどうなるの?

サイトをSSL化することによるメリット・デメリットは次のものがあります。

メリット

・盗聴や改ざんを防ぐことが出来る

・ウェブサイトが本物であることの証明になる

・検索エンジンからの評価が良くなる

特に三つ目の「検索エンジンからの評価が良くなる」はブロガーにとっては大切です。
なんせGoogle先生から好かれるわけですから。

Googleは2014年に「httpのサイトよりhttpsの方を優先して探しちゃいますよっ」てな発表を公式にしています。

    HTTPS をランキング シグナルに使用します
Googleウェブマスター向け公式ブログより

デメリット

・ブログを長く運営してからだと、URLが変わってしまう為、いろいろとやることが出てくる

例えば、アクセス解析のGoogle AnalyticsやGoogle Search Consoleへの登録をやり直さなければならなくなります。

SSL化するには、何が必要なの?

何もいりませんが、利用しているサーバーによっては費用がかかる場合も。

(ちなみに、Xサーバーは無料でSSL化が出来ます!)


以上のようにデメリットもありますが、比にならないくらいのメリットがあり簡単に出来ちゃうので、是非やってみてください。

さあ次からは実際にやってみますよ!

XサーバーでのSSL化のやり方

ではどのような手順でSSL化するのかの説明です。

手順ははっきり言って非常に簡単!!

 「Xサーバー」のページで、SSL化したいサイトを追加する

 サイトのURLの確認

Xサーバー側で行う設定はたったのこれだけです。後でワードプレス側の設定も変えなきゃならんですけど。
一つづつ見ていきます。

 「Xサーバー」のページで、SSL化したいサイトを追加する

Xサーバーのサーバーパネルにログインし、ページの中から「SSL設定」をクリックします。

自分のサイトが出てくるので、SSL化したいサイトを選択します。

「独自SSL設定の追加」タブにして、サイトを選び「独自SSL設定を追加する」をクリック。

これで「SSL化」の完了です。簡単でしょ?

 サイトのURLの確認

実際にサイトのURLを確認してみてください。『https』になっているはずです。

※SSL設定が反映されるまでの1時間程度は、サイトのセキュリティ証明が完了していない為、サイトを見ることが出来ません。気長に待ちましょう。

ワードプレス側の設定

さあ。後はワードプレス側の設定のみです。

 ワードプレスの「設定」の中の「一般」を開く

 「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」欄のURL「http」を「https」に変える

 

最後に「変更を保存」を押し忘れないようにしましょう。

以上で完了です。皆さんもSSL化で、Google先生に好かれちゃいましょう!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする