記事作成は数が勝負!!クラウドソーシングで沢山投稿する為のコツ2つ

得意な記事作成は「美容に関すること」です。

どうも。のらりなです。

クラウドソーシングサイトの記事作成で大きく稼ぐ為に大切なのは、数をこなすことです。ある程度の品質の記事で数をこなせば、月に5万円~10万円稼ぐことも可能です。

ところが、数をこなすと言っても、なかなか難しいのが事実。時間も掛かるし、記事の内容も思い浮かばないでしょう。

しかし、コツをつかめば、時間も短縮でき、書く内容もスラスラ出てきます。

今日はそのコツについて教えちゃいますヨ。

スポンサーリンク

記事を沢山書くときのコツは2つ

多くの数の記事作成をこなす為にはコツがあるのですが、実はその方法は投稿された記事がどのように使われているかといったことと、関係があります。

低単価記事はどのように使われているのかを知る

私がよく利用しているクラウドソーシングサイトは、記事作成特化型クラウドソーシングサイトです。主に指定されたキーワードとお題で記事を書くというものです。

ところで、皆さんは記事作成特化型クラウドソーシングサイトに投稿・承認された記事がどのように使われているか、知っていますか?

実は、多くの場合はアフィリエイトサイトに使われているのです。キーワードが指定されているのもアフィリエイトサイトで使用しやすくする為なのです。アフィリエイト向けの記事は、いかに検索に引っ掛かるかが勝負。なので、キーワードが使われていてお題に沿った記事ならば、必ずしも高レベルの記事である必要がないのです。

はい、ここ注目!!

記事を沢山作成する為のコツ1つ目!

・高品質の記事を書こうとしない

言い方は悪いですが、1文字0.1円や0.2円といった低報酬の記事作成案件では、文章のレベルが低くても良いんです。もちろん承認される為には、最低限の質は求められますが。普通レベルの文章力がある人がルールを守って投稿すれば、大概は承認されるでしょう。

なので、内容にはあまりこだわらず、どんどん数をこなしましょう!

スポンサーリンク

キーワードから広げる

そして、記事作成時によくある悩みが、内容が思い浮かばないってやつです。

特に同じジャンル・キーワードの案件をこなそうとしても、内容が被ってしまい非承認になるというのはよくありがちです。

でも、「そのジャンルで記事を書きたい。他のジャンルは不得意で書けない!」といった人もいます。

そんな人におススメのコツは

・キーワードから想像を広げていく

という方法です。

これはどういうことかと言うと、例えば「アンテナ工事」というキーワードを使って記事を作るとします。最初の1、2記事はそのキーワードについてインターネットで調べれば、すらすらと書けるでしょう。しかし3記事目になると文章が限られてきます。

そんな時には想像を働かせて「アンテナ工事」というキーワードに付け足しをしていきます。

「アンテナ工事」 → 「アンテナ工事・費用」 → 「アンテナ工事・費用・見積もり」→「アンテナ工事・費用・見積もり・比較」・・・といった感じです。

要するに、連想ゲームの感覚で、キーワードから書ける文章を広げていくのです。

「アンテナ工事」単体より「費用・見積もり・比較」といった言葉があった方が記事が書きやすいですよね。

注意点:余りにも連想を広げ過ぎると、指定されたジャンル外の内容になってしまうので、3から4つほどの連想に留めておくようにしましょう。

以上2つのコツを利用すれば、沢山の記事作成を行うことが出来ます。

沢山こなして沢山稼ぎましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする