今日か?明日か?あなたが無収入になる日

どうも。のらりなです。

今現在会社員として働いているあなたへ。

会社で毎日働いているわけですが、そんな毎日が突然明日、いや、今日にでも終わってしまうかもしれませんよ。

スポンサーリンク

あなたの仕事は奪われる

いきなり、脅かすようなことを言ってしまいました。こう言ったのは、何も今日、明日に天変地異が起きて、会社が無くなってしまうという話しではありません。

会社員の人は、当たり前のように毎日会社に行きます。すると、当たり前のように仕事があり、当たり前のようにそれをこなしています。

この繰り返しは、当たり前のようでありながら、いつ無くなってしまうかも分かりません。

会社の業績が悪くなれば、あなたへ割り当てられていた仕事が、他の人の担当になり、あなたはやることが無くなるかも。

業績が悪くなくても、会社の人員構成の都合で、あなたの仕事を給料の安いアルバイトや派遣さん、または入手したての若手に奪われるかもしれません。

それらは多くの場合、会社側の一方的な都合で行われます。

あなたがそれに激しく反対しようとも、会社側の決定が覆ることはまずないでしょう。

万が一そのような状態になりあなたの仕事が無くなったら、最悪の場合リストラにあってしまいます。すると、一気に無職の身です。

あなたの人生はコントロールされている

いくら今まで会社の為と思い理不尽な仕事をガマンしてやってきても、このような目に合う可能性は会社員ならあり得ます。

要は会社員でいる以上、多かれ少なかれ、人生を会社にコントロールされていると言えるでしょう。

出世すればするほど、会社にコントロールされる割合が高くなると云えます。

いくら社長になっても、経営の全てが自分の思い通りになるわけではありません。むしろ、会社の発展、利益を第一に考えなければならないため、その割合は高まるとも言えるのです。

会社に人生をコントロールされるということは、自分の都合の良いように生きられないということになります。

会社に人生をコントロールされる例として、転勤や配置換えがあります。家族を持ち夢にまでみたマイホームを35年ローンで買ったとします。「さぁ、楽しい生活が始まるぞ!」と思った直後に、急な転勤を言い渡される。

何のためにマイホームを買ったのか分からなくなりますよね。そして転勤でライフスタイルが変わってしまうのは自分だけでなく、家族も道連れです。

会社の都合でライフスタイルが変わってしまう。思い描いていた人生を歩めない。この状態は私は辛いです。会社の思うとおりの人生ではなく、自分の思うとおりの人生にしたいです。

スポンサーリンク

どうすれば会社にコントロールされにくくなるか?

会社に人生をコントロールされる割合を低くするには

・言いたいことを言う

・出来るだけ出世をしない

・精神的・金銭的余裕を持つ

の三点が有効です。

「言いたいことを言う」のは最も簡単と言えるでしょう。思っていることを口にするだけですから。
でも、なかなか言い出せない人が多いのも事実。よほどメンタルが強くないと、思いをぶちまけることは出来ないですよね。

「出来るだけ出世をしない」は人によっては出来るでしょう。昇進試験を受験しない、昇進を断るという手を取れば良いので。
ただ、試験が無く上司の判断で昇進が決まってしまったり、そもそも昇進を断ることが一切出来ないといった会社の場合は、この手は通用しなくなります。

この中で最もおススメなのが「精神的・金銭的余裕を持つ」ということです。会社に縛れない為の方法としては、これが最強ではないでしょうか。

その為の方法として最も有効なのが「副業」、もしくは「複業」です。

これらである程度の収入を確保しておく、収入先を一か所にしないということをしておけば、人生余裕が出てきます。

余裕を手に入れられば、人生を自分でコントロールすること割合を高めることが出来るようになります。だって、会社に依存せずとも生きてゆけるんですから。

あなたも余裕を手に入れて、自分自身の人生をコントロールしませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする