副業は良いことばかりじゃない!?副業のデメリット

どうも。のらりなです。

最近、世間的に副業が受け入れられる雰囲気になってきました。「副業は良いものだ!素晴らしいぜ!」みたいな意見が大変多いです。もちろん私も基本的にはそう思っています。なので副業をやっている訳で。

しかし、副業を行うことがデメリットになる場合もあるのです。
実は、最近私はそのデメリットを感じつつあります・・・

では、一体どんなデメリットがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

副業をやった場合こんなデメリットがあります

①  会社にバレると大変なことになる

まずはよく聞くこれです。ヤバイですよね。副業禁止の会社だと、良くて注意、悪いと懲戒処分。最悪の場合、解雇もありえます。

まぁいきなり解雇はないでしょうが、間違いなく副業を止めるよう迫られますよね。

会社にバレるパターンには色々なものがありますが、代表的なのが、住民税から発覚するパターンです。
同じ給料レベルの同僚より住民税の請求が多くなると、「あなたそんなに稼いでませんよねぇ?おかしくないですか?」で、バレちゃうんです。

そのパターンからバレない為の方法として、「副業分の住民税を直接納付すればいい(普通徴収)」と言われていますが、実はその方法が通用するかどうかは、市区町村によって異なります。

幸い住んでいる市区町村で普通徴収出来たとしても、会社に送られる「住民税通知に、副業分の所得が記載されてしまいバレる場合もあります。

ちなみに、副業と住民税に関する情報は、インターネット上に様々なものが溢れていますが、上記の情報は私が税理士さんへお金を払って手に入れた情報なので、ほぼ間違いありません!

とにかく、会社に副業がバレたらどエライことになるので気を付けましょう。

② 時間が無くなる

多くの会社員の人は、始業から終業まで、おおよそ9時間くらい働きます。そして残業を行う人がほとんどだと思います。

一日1時間から2時間、人によっては3時間以上の残業を行っています。

そこから副業を行うと・・時間が結構かかります。

いや、残業が無くて疲れていない身体だったら、やる気にも満ち集中して行う為、掛かる時間も少なくて済むでしょうけど。

でも、疲れちゃってますよねぇ。
そんな状態では時間が掛かる一方です。

それに加え、家事・子育て・その他を行わなければなりません。これらは生活していくうえでやらなければならないことなので、必ず時間を割かれるでしょう。

そうなった場合、削られてしまうのは副業を行う時間なのではないでしょうか?

「もう少し時間があればなぁ」と感じている人も少なくないでしょう。

そして、私が最近感じているのが次のデメリットです

③ 本業へのモチベーションが下がる

①も結構ヤバいですが、これもある結構ヤバいです。
かなりやる気が落ちます。

例えば、会社で昇進して給料がアップするとします。その時の給料のアップ幅って、せいぜい月1万か2万ってところです。

この金額って、少し副業頑張れば、稼げちゃうんですよねぇ・・

昇進するためにどれだけツラい思いをしなきゃならないか。
それを思うと、副業で頑張ったらいいやってなって、本業のやる気がかなり落ちます。

(最近、↑こんな感じの、抜け殻状態です・・)

副業で本業と同じくらい・もしくは本業以上の金額が稼げれば、会社を辞めるという選択もあるのですが、そうでない人の方が多いでしょう。

個人的には、仕事が一本の人より、いくつもの仕事を行う”複業家”が、人生最強だと思っているので、本業もそれなりのモチベーションでこなさなければなりません。

なかなか難しいところです・・

いかがだったでしょうか?
副業をやっている人で、実際このようなデメリットを感じている人も沢山いるでしょう。

もちろん、副業はデメリットよりメリットの方が大きいので、副業を辞めるという選択肢はあり得ませんけどね!

では!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする