車中泊 必須ではないけど、あったら便利な物リスト

どうも。のらりなです。

前回の車中泊リストは必須のもの3つを紹介しましたが、今回は「どうしてもいるわけじゃないけど、あったら便利だよね!」的なものを紹介していきます。

寝袋

布団が持ち込めれば布団が最高に寝やすいのですが、布団が持ち込めない場合には寝袋が便利です。

寝袋の良い点は、収納できるというところでしょう。車に持ち込める荷物の量って限られますもんね。
また、その場の気温にあったものを持っていけば、それ一個で快適に寝ることが出来ます。

しかし悪い点も。

それは体勢に融通が利かないといったところです。これは人によっては一番重要なポイントかも。
寝返りが打ちにくく、足を開いたり曲げたりがしにくいので、身体がキツイかもです。

また、布団なら、「暑いなー」といった時は掛布団を取ればそれで済むのですが、寝袋だとそれが出来ません。寝袋から出るか、側面・裾面のファスナーを開けなければなりません。
結構面倒です。

寝袋で寝慣れてしまえば問題ないのかもしれないので、あらかじめ、家で布団の代わりに寝袋を使って練習しておくと良いかもしれません。

車載用インバーター

これは、車のバッテリーで使用されているDC12V電源を、一般家庭のコンセントで使用されているAC100V電源に変換する機器のことです。
ほぼ全ての車に搭載されているシガーソケットに挿入することで使用可能です。

車の中で携帯・ゲーム機器の充電をしたい・ノートパソコンを使いたいといった人にはもってこいです。

しかし、一般的に販売されているものは、300Wくらいの出力しか備わっていません。
なので、使用できる電気製品は限られてきます。

間違っても300W程度の車載用インバーターで、ドライヤーを使用しないこと!!
ヒューズが切れてしまいますよ。

2000W~3000Wくらいの出力のインバーターもあるみたいですが、かなり大きいようなので、車中を圧迫します。

ちなみに、庶民には手が届きにくい価格の「エスティマ ハイブリッド」は、1500Wの電力が、標準仕様で使えます。いいなー!

クーラーボックス

車内で飲み物を保冷出来るので、役立ちます。
飲み物だけじゃじゃなくサービスエリアで買ったご当地食材等の保存も短時間なら可能です。

複数人で車中泊をしていると、人の熱気で車内の温度って上がりやすいです。そんな時、冷たい飲み物が手軽に飲めるという良い点もあります。

でも、サイズによっては結構な場所を取ります。
なので、サービスエリアやコンビニでその都度買った方が良い場合も。

水筒を持っていくという手もありますし、必須の持ち物ではないです。

着替え

下着は気になる人は気になるので、持っていった方が良いですが、服はどうでしょう。
車中泊は荷物を出来るだけ少なくするのが重要なので、2~3日同じ服で平気な人は持っていかないほうが良いです。

ただし、小さい子供と共に行く場合は別です。子供は何かとやらかしてしまうので、子供の着替えは複数枚あった方が良いです。
子供用の服も持っていきたくない場合には、その都度購入すれば良いですね。

今回紹介したものは、我が家が車中泊する際に持って行ったものなのですが、余り活躍の機会はありませんでした。

車中泊を快適に過ごすポイントは、「いかに荷物を減らして、車内スペースを確保するか」になってくると思います。

なので、自分たちに必要と思われるものを厳選して持っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする